ムーンライトフォーカサー

株式会社ジズコ

ムーンライト トップ

2.5、3、3.5"フォカサ―
ナイトクローラー

CMミニ1.25"フォカサー

CR 2"フォカサー
ニユートン鏡筒


CRL 2.5"フォーカサー
英オライオンニュートン
タカハシε130/180

CS 2"フォカサー
カセグレン、ミューロン鏡筒、 GSO RC鏡筒、VMC260、
FS-60C、トLS60/80THa


CSL 2.5"フォーカサー SC/ACF/EdgeHD
GSO/VMC260鏡筒


CHL 2.5"フォーカサー
EdgeHD 8", 9.25", 11, 14"

CF 2"フォーカサー
ビクセン、タカハシFS-60C/78
ボーグ68/77mmネジ


CFL 2.5"フォーカサー
ビクセン、タカハシ、テレビュー

ボーグ125, SM2T-90

CXL 3,6"フォーカサー
英オライオンAG鏡筒

2"/2.5"用各種アダプター

鏡筒バンド・ダブテールプレート

モーターシステムの詳細




お問い合せ

ムーンライトフォーカサの基本機構

指先の動きに機敏に反応するデュアルスピード仕様

ハンドル1回転でドローチューブが15mm稼動する標準速ハンドルと、標準速を1/8に減速するハンドルが同軸に配置され、抜群のフィーリングと操作性を実現しています。標準速でも素晴らしい合焦フィーリングを実現していますが、減速(微動)ハンドルのフィーリングはきわめて軽く滑らかで精密。ハンドル操作での揺れが無く、高倍率観測での合焦に劇的な効果を発揮するばかりでなく、モニターを近くに置ければ直焦点イメージングでのピント合わせにも充分使えます。

フリクション調整ネジとシャフトロック機構

接眼体底部の中央に設けられた3箇所のネジによりフリクションを調整。さらに、中央の手回しネジ(1)でフリクションを追加できます。

左側の合焦ハンドル基部にあるネジとそのベース(2)は、ドローチューブを固定し、長時間露光のイメージングでも接眼部に起因するピント移動を排除するシャフトロック機構。ドローチューブを直接押さない合焦軸ブラスクランプ方式により、ピントロック時の像ズレや、ピント移動が原理的に発生しない優れた方式です。

なお、DCモーター仕様は、合焦軸がモーター駆動以外は動かないので、シャフトロック機構は不要です。

接眼部回転機構とレベリング調整機構

画像はCS接眼体に付属する(上)フランジ単体。側方からナイロンチップを埋め込んだセットネジ3本でガタを排除しながら下フランジを回転中心に保持しつつ、直交方向のセットネジでレベリング調整が可能。高い加工精度もあり、精密な動きを約束する接眼部回転機構です。

なお、フォーカサー本体のコリメーションは生産時に正確に調整されていますので、レベリング調整は撮影システムに問題があるときにのみ行います。

画像右下の白いローレットネジは回転ロックネジ。左下の側面がセットネジ、上面のグリーンチップ4個がレベリングネジの先端です。

2インチドローチューブ

ドローチューブ内径は2インチ。固定ネジは120°間隔で3本。ブラスクランプ式の固定により、わずかなズレも許されないイメージング目的にも最適な仕様です。クランプ部分の突出量は約10.5mm、ドローチューブストロークはお手持ちの望遠鏡に合わせて0.85"から4.5"まで各種用意されています。

標準付属の1 1/4インチ接眼アダプター