カーボンニュートン>フォトビジュアルシリーズ

ホーム

Orion Top


お問い合せ


口径300mm フォトビジュアルシリーズ_コマコレクター統合 F4.6, F4

 300mmフォトビジュアルカーボンニュートンは、200/250mmカーボンニュートンのコンセプトをさらに拡張し、コマコレクター統合ニュートン光学系によるフォトビジュアル仕様を基本に、ハイエンドアストログラフへの展開も視野に入れています。

 カーボンチューブは、軽量で高剛性な特性を備えていますが、特に強度が要求される部位を肉厚(4mm超)に成型して、さらなる強度アップを図り、大口径鏡筒にふさわしい剛性を、重量とトレードオフにすることなく獲得しています(鏡筒単体重量は14.5Kg)。また、主鏡セル、スパイダー/斜鏡金具をはじめ、鏡筒を構成する主要パーツは、切削加工品で構成し、高品位な質感とともに、精度、強度を高い次元で実現しています。 長期の安定運用に適うハイグレードなニュートン鏡筒として、自信を持ってお勧めできる仕上がりです。

 また、使用目的に応じた最適化を図るため、アップグレードオプションを別途用意。さらに、アストログラフオプションでは、F値の明るい主鏡を装備することで、「撮影専用鏡筒=アストログラフ」に特化できます。とりわけF3アストログラフは、ニュートン反射系としてもっとも明るく(ハイスピード)、しかも、大口径300mm鏡として最大のリッチフィールド撮影が可能。フルサイズフォーマットの撮影に対応できる「ビッグパラコア2」を装備することで、ハイエンドアストログラフが実現します。



光学系

F4パラボラ主鏡:
口径300mm、焦点距離1,200mm、面精度λ/12(波面誤差λ/6)、Hiluxコーティング

英オライオン社の特別研磨と高い反射率を誇るHiluxコートが施されたF4パラボラ主鏡。全品にZygo干渉計による測定表(左画像をクリック)を添付して、精度を保証します。

波面誤差λ/6は、ディフラクションリミットをクリアできるλ/4をしのぎ、惑星観測にも成果が期待できる精度です。すぐれた光学性能が要求されるのは、観望のみならずデジタルイメージングでも同じ。さらに、組み合わせるコマコレクターの性能を完全に発揮させるためにも、パラボラ主鏡の精度は重要です。

F4のパラボラ主鏡は、単独ではコマ収差の影響が甚大に現れます。星像が光軸中心から約1mm離れただけで、エアリーディスク径を超えるスポットサイズになり、10mmで約55ミクロン、20mmでは約95ミクロンにも肥大してしまいます。この数値を具体的にいえば、焦点距離が1,000mmのパラボラ主鏡では、分解能限界(ディフラクションリミット)の性能が発揮できる有効範囲は、視直径が約8'未満の対象までです。

パラコアタイプ2を統合させることで、グラフにあるφ40mmの像面範囲の全域で、エアリーディスク径で規定されるディフラクションンリミットの結像を実現しています。広視界の眼視および撮影では、エッジまで完全な点像を、高倍率/強拡大の眼視、撮影では口径相応の分解能を発揮した観測が可能です。

また、パラコアタイプ2は、焦点距離1,200mmを基準に像面湾曲の補正効果を持ち、アプラナート光学系を実現しています。



鏡筒の特徴

ハイグレードなカーボン鏡筒

本機に採用したカーボン鏡筒は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)素材によるハイグレードなカーボンチューブです。鏡筒の前後を炭素繊維を肉厚(最大4mm超)に成形することで、接眼部と斜鏡スパイダー、および主鏡セルの装着をよりいっそう強化しています。さらに、各部の肉盛を最適化して、バンド保持でのたわみを防止しています。上の全景画像の微妙な反射光の諧調から、その様子が判ります。

また、型抜き成型により内径が真円筒なので、正確な光学アライメントが可能です。さらに、鏡筒の変形要素がほぼ皆無なので、アライメントは維持され、低い熱膨張率(鉄の約1/5)もあり、精密な観測、撮影目的に最適です。

カーボンチューブは「軽量(比重1.5)で高剛性(鉄の約2倍)」という、相反する要素を両立した、中/大口径ニュートン望遠鏡には理想的な鏡筒素材です。

バランスのよい斜鏡径:

標準で短径82mm(オプションで短径90mmを用意)と、フォトビジュアル用途にバランスのよい斜鏡径を選定しています。さらに、オフセット取り付けにより、直焦点撮影時の光量の偏りを軽減しています。アイピース観望では、最低倍率でもケラレれなく周辺まで均一な視野で観測できます。撮影では、パラコア2が保証するφ30mmの有効写野(90%光量の領域:APS-C対応)において、充分な周辺光量が得られます。なお、よりイメージサークルが広く確保できるMPCCには、オプションの短径90mm斜鏡も推奨します。

オプションの短径90mm斜鏡でさえ、遮蔽率は主鏡径の1/3以内なので、遮蔽による低倍率の制限はありません。たとえば、一般的な最低倍率の定義「アイピースの射出瞳径7mm」のとき、中央遮蔽の影は約2.1mmであり、暗順応した眼なら遮蔽物の“黒い影”に妨害されることなく、広視界観測がおこなえます。また、この掩蔽率は一般的なSCやACF、RC系などカタディオプトリック光学系に比して充分に小さく、惑星観測にも成果を期待できます。

カーボン羽根2重スパイダー:

1mm厚のカーボン羽根を12mm間隔で平行に配した4本羽根構造。羽根素材にカーボン(CFRP)を使用した高剛性スパイダー。光軸調整部は、中心に引きねじ、十字配置の押しねじ(4本)により、調整が容易でずれにくい構造です。

単羽根スパイダーに比べ、構造物として安定ているので、飛躍的にたわみが減少し、高剛性のカーボン鏡筒とあいまって、ニュートン鏡筒としては屈指の剛性を誇ります。さらに、直焦点撮影専用にお考えの方には、光軸方向にもう一本の二重スパイダーを重ね配置することでさらなる高剛性を実現する、オプションの「ダブルスパイダー仕様」もご検討ください。

高倍率の眼視観望では、単羽根スパイダーに比べ回折光が増加するので、シーイングの影響を受けやすくなります。ただし、好シーイング時には大口径ニュートンならではの惑星像を堪能できるでしょう。なお、輝星の発射線は、従来の単羽根十字スパイダーと同じ十字線(複十字ではありません)。

ムーンライト社CR接眼部(2"仕様)標準装備:

高精度接眼部として評価の定まったムーンライト社「CR接眼部(デュアルスピード仕様)」を標準接眼部に採用。「短焦点パラコア統合ニュートン」の鋭いピントを容易にとらえます。また、ロープロファイル設計なので、斜鏡径を合理的に小さくできます。

撮影目的で問題になる“像面とイメージング素子面の平面不一致”については、接眼ベースのレベル調整メカニズムで完全対応。撮影体制のまま調整できるので、4点調整の基準点さえ決まればレベリングは容易です。

手動によるピント合わせが基本の眼視観測はもちろん、精細な微動ハンドルの動きは直焦点撮影でのピント合わせも容易におこなえます。ただし、PCソフト画面でのピント合わせや、オートフォーカス機能を求めるなら、アップグレード」オプションの「ステッパーモーター仕様」をおすすめします。

接眼部は望遠鏡の唯一の可動部にしてメカニズムの心臓部です。眼視/撮影の区別なく、スムーズで正確な合焦メカニズムが観測結果に直結します。

完全シースルーセル(CNC切削加工):

主鏡セルは、6箇所パッドが主鏡の裏面をシリコン接着剤を介して確実に固定する形式です。乾燥後はシリコンゴムになるので、確実な接着強度を保ちながらもフレキシブル性質なを失いません(ミラーに接着応力が加わらない)。この方式は、反射面にかかる脱落防止の爪が不要となり、撮影星像に不要な影響を与えません。

左画像のとおり、主鏡全面が外気に触れる完全なシースルー構造です。さらに、鏡周と鏡筒内壁の間に空間があるので、主鏡が外気温より高温ならば、鏡筒が煙突の役割を果たし温度順応が速やかに進行します(煙突効果)。この作用により、温度順応に要する時間は、トラス式鏡筒よりはるかに速やかです。

順応後はキャップをはめて筒内気流を安定させ、同時に背面からの光も遮蔽して観測準備が整います。ニュートン鏡筒では、主鏡の温度順応(観測中の気温低下への追従も)が観測効率を決めるといって過言ではありません。

なお、冷却ファンの装着も可能です(別途お見積りいたします)。

CNC切削鏡筒バンド + ロスマンディーDUP:

アルミ合金板をCNCマシーンで切り出し、高精度に仕上げた切削加工による鏡筒バンド。厚み16mm。鏡筒保持部は真円であり、正確なフラット面でプレート(オプション)に密着。トルク付加が容易な大型グリップをもち、ダイキャスト素材をしのぐ高い剛性で鏡筒をホールドできます。

組み合わせるプレートは、ロスマンディー 「DUP」。ロスマンディー(G11、Titan)、アイオプトロン(CEM60)、スカイウォッチャーEQ8などの赤道儀へワンタッチで装着できます。長いDUPにより、2本のバンドの間隔が345mmになり、安定した鏡筒ホールドが可能です。さらに、バンド上部にブリッジプレートとしてもう1枚DUPを装着することもできます。



目的に合わせて選ぶ2タイプのコマコレクター

パラコアタイプ2

高精度1/6λ主鏡の分解能限界を損なわない高性能コマコレクター。撮影はもとより、高倍率の月・惑星観望にも威力を発揮。フォトビジュアルニュートンの性能を完全に引き出すことができる唯一のコマコレクター。“最高の結像性能を追求する眼視/撮影”にプライオリティをおく方はパラコアタイプ2をお選びください。イメージサークルはφ30mm(パラコアレンズ系の90%光量域)。35mmフルサイズで撮影しても短辺をカバーするので、円形写野のような不自然な描写にはなりません(APS-Cフォーマットまでの撮影を推奨)。

パラコアタイプ2は、焦点距離を1.15x伸長する作用があり、F4パラボラ主鏡と組み合わせると焦点距離1,380mm(F4.6)になります

観望には標準装備の「可変バレル(左画像:右)」で、2"および1 1/4"アイピースを使用することができます。カメラの装着には、オプションの「標準Tリングアダプター」または「キャノンEOS用ワイドアダプター(マウント付)」など、専用アダプターが必要です。

詳細はこちら

MPCC-VIP(アイピースホルダー付属)

リーズナブルなフォトビジュアルコマコレクター。アイピースアダプターと各種中間リング(左画像:右)により、1 1/4"および2"(中間リングに2"アイピースをネジ込んで装着)アイピースを利用した中・低倍率の観望にも好適。MPCC-VIPの設計上の最小錯乱円は15ミクロンなので、望遠鏡の分解能限界を求める撮影や観望には適しません。“焦点距離1,000mmの実視界を活かした直焦撮影”にプライオリティをおく方はMPCCをご検討ください。

カメラの装着には別途「Tリング」が必要。また、専用の「プロテクティブ・Tリング(EOS用のみ:税込12,800円)」を利用すれば、ほぼ35mmフルサイズをカバーするイメージサークルが得られます(注:イメージサークル値はメーカー非公表。弊社テスト結果による)。倍率を付加しないので、焦点距離1,200mm(F4)のまま使用できます。また、「薄型オフアキシスガイダー(EOSマウント付属)」との併用も可能です。

詳細はこちら



仕 様

光学系

コマコレクターを統合したフォトビジュアルニュートン

コマコレクター

テレビュー社製 「パラコアタイプ2」、アップグレードオプションで「ビッグパラコアタイプ2(3"バレル)」

バーダープラネタリウム社製 「MPCC-VIP (アイピースアダプター付)」

有効径

φ300mm,(放物面鏡: 波面誤差PV値1/6λ保証、Hiluxコーティング)

焦点距離(F値)

MPCC-VIP併用時: 1,200mm、F4

パラコア2併用時: 1,380mm、F4.6

集光力(対肉眼)

1,837x

分解能・極限等級

0.38"・14.2等星

斜鏡

短径82mm(対主鏡直径比1:3.7)、オフセット取り付け、オプションで短径90mm

接眼部

ムーンライト社製 デュアルスピードCR接眼部、オプションでCRLおよびCRXL接眼部

鏡筒バンド・プレート

アルミ合金製(CNC切削加工)、ロスマンディー「DUP」ダブテールプレート

ファインダー

9x 50mm

鏡筒素材・サイズ・重量

カーボン繊維強化プラスチック(CFRP)、鏡筒外径 約350mm(鏡筒バンド装着面) 、鏡筒長 約1,220mm

鏡筒重量 約14.5Kg (切削バンド+DUP装着時は約17.5kg)

鏡筒バンド

ダブテールプレート

アルミ合金CNC切削鏡筒バンド: t=7〜28mm(外観六角形状)、w=17mmのアルミ合金CNC切削加工、

ロスマンディー「DUP」



セット価格の構成

フォトビジュアルニュートン

口径300mm


300mmF4パラコア2仕様(ファインダーはアップグレード仕様)


パラコアタイプ2装備

Fl=1,380mm F4.6

300mmフォトビジュアルカーボンニュートン:パラコア2仕様

構成内容:300mmF4(P-V値λ/6以内)主鏡、短径82mm斜鏡、ムーンライトCR接眼部(デュアルスピード仕様)、パラコアタイプ2、カーボン羽根二重スパイダー(切削斜鏡金具)、CNC切削シースルー主鏡セル、9x50ファインダー、CNC切削鏡筒バンド+DUP


口径300mm、焦点距離1,380mm(F4.6) 税込直販特価623,160


MPCC-VIP装備

Fl=1,200mm F4.0

300mmフォトビジュアルカーボンニュートン:MPCC-VIP仕様

構成内容:300mmF4(P-V値λ/6以内)主鏡、短径82mm斜鏡、ムーンライトCR接眼部(デュアルスピード仕様)、MPCC-VIP、カーボン羽根二重スパイダー(切削斜鏡金具)、CNC切削シースルー主鏡セル、9x50ファインダー、CNC切削鏡筒バンド+DUP


口径300mm、焦点距離1,200mm(F4) 税込直販特価590,760円

パラコア2とMPCCの互換性について: 両者は合焦に必要な筒外焦点距離が異なります。MPCCの方が、より長い筒外焦点距離を必要とします。このため、ご購入後にコマコレクターを変更するには、筒外焦点位置の修正が必要になります。通常は、CR接眼部の「スペーサープレートの差し替え」+「セル内の主鏡の前後位置調整」だけで、鏡筒に追加工を施す必要なく、コマコレクターの変更に対応することができます。

ご購入後のコマコレクター変更については、お気軽にご相談ください。

いずれも別途送料が掛かります。

※ 上記価格はセット特価です。すでにパラコアタイプ2をご所有の方は62,100円、MPCCVIPをお持ちの方は29,700円、を上記各価格から差し引いてください。 また、ご注文時には、ご使用になるコマコレクターをご指定ください。

フォト・ビジュアルニュートン鏡筒は、カスタム構成の受注生産品です。受注時に50%の前金をお支払いただきます。本商品は、オーダーメイドにつき、キャンセルの受付ができません。万一、お客様のやむをえない事情で受注後に解約を承るとき、前金の50%はキャンセル料としてお支払いいただきますのでご注意ください。

オライオン社製ニュートン鏡筒は無金利ローンは適用されません。また、カードでのお支払いは手数料をお客様にご負担いただきます。代金引換発送もお受けできませんのでご注意ください。








高精度ミラー

口径

アップグレード

税込直販特価

1/8λ以内

1/10λ以内

仕様:波面誤差1/8λ、1/10λ以内(鏡面精度1/16λ、1/20λ以内)、Hiluxコーティング、Zygo干渉計実測データ添付

300mm

31,320円

98,280円



短径90mm斜鏡(斜鏡大型化:撮影専用オプション)

アップグレード

税込直販特価

少しでも視野周辺の光量を稼ぎたいとき... たとえば、MPCCをフルサイズフォーマットのカメラで使うとき、周辺光量の増強に効果的です。なお、パラコア2(2"径)は、焦点から遠い(斜鏡寄り)位置で光束をピックアップすることに加え、単体の口径食による減光の影響が大きく、このオプションは効果的ではありません。

税込直販特価10,800円



カーボン羽根二重スパイダー(撮影専用オプション)

アップグレード

税込直販特価

標準装備の二重スパイダーに追加し、スパイダーを光軸方向に2段スタック(ダブルスタック)して装着します。いっそうの高剛性スパイダーを実現する、撮影専用のアップグレードオプションです。短径90mmへのアップグレードと併せてご検討ください。

なお、購入後のアップグレードにつきましてはご相談ください。

税込直販特価23,760円



9x50暗視野ファインダー

アップグレード

税込直販特価

米オライオン社製の#7023 - 9x50暗視野ファインダー。十字線が赤い光に照らされることで、対象を視野中心に入れやすくなります。LED光源の明るさは調整可能。十字線はダブル(複十字)で、ガラスにエッチングされています。光学系はマルチコートされたアクロマート、合焦機構を配し、アイレリーフも13mmrと十分 、見口は折りたたみ式のラバーカップが付いています。

税込直販特価2,160円



CR接眼部

アップグレード

税込直販特価

CR DCモーター仕様 詳細

・観望と、月惑星の撮影目的におすすめ!

デュアルスピード仕様でも撮影に困ることはありません。ただし、リモート操作がおこなえるので、PC画面を見ながらの合焦操作が、容易になるメリットがあります(大口径機では大きなメリット)。コントローラは、速度調整から駆動まで片手で操作ができる軽量でハンディー。観望目的にも手軽に使用できます。

※ ご購入後、オプションでステッパーモーター仕様に変更することもできます。

CRCRCR DCモーター仕様

12,960円

CR 高分解能ステッパーモーター仕様 ⇒ 詳細

・直焦点撮影の目的におすすめ!

基本的にDCモーター仕様と同じ操作性で、観望まで不自由なく使えますが、高分解能モーターの性能を活かすターゲットは「直焦点撮影」です。PCソフトウエアからの制御が前提なら、コストパフォーマンスにすぐれるMiniV2コントローラ仕様を、PCを利用しないスタンドアローン使用なら、2-Speed DROコントローラの選択をおすすめします。

CR 高分解能ステッパーモーター、
MiniV2コントローラ仕様

45,360円


CR 高分解能ステッパーモーター、
2-Speed DRO Display コントローラ仕様

79,920円

CRL 2.5"フォーカサー ⇒ 詳細

・眼視/撮影問わず、口径250mm以上の恒久設置のシステムにもおすすめ!

スケールアップしたCRLフォーカサーは、高い剛性と制度を有した屈指のニュートン鏡筒用接眼部。さまざまな観測目的に、高い次元で対応することができます。なお、駆動システムの選択は、上覧のCRフォーカサーへの「接眼部アップグレード」を参照してください。

CRL 2.5"フォーカサー

別途、お見積りします。