ラントソーラーシステム 大口径Hα太陽望遠鏡 LS230/300THa

ホーム

ラント社トップ



お問い合せ


ラント社製大口径Hα太陽望遠鏡 LS230THa/B3400、LS300THa/B3400/DSII

 心臓部メインフィルター(エタロン)は、後群のコリメート系に組み込まれた無遮蔽型。その中心透過波長はラント社独自の電動式エアーチューニングにより調整できます。メインフィルターは気密ハウジングに封入され、鏡筒外部に設置したエアーバルブで空気圧を変化させバンドを変化させます。メインフィルターの物理的な移動がないため、全画面で滑らかににバンドを調整できます。

 口径230mmのLS230THa/B3400は80mmの無遮蔽エタロンを2台重ねて656.28nmのHα波長を半値幅0.5Å未満で捉えるダブルスタック仕様。口径300mmのLS300THa/B300はシングルエタロンで半値幅0.65Å未満、LS300THa/B3400/DSIIはダブルスタックで半値幅0.45Å未満を実現します。いずれも、対物レンズはマッシモ・リカルディにより設計され、大口径で取り込んだ太陽像をシャープできりりと結像します。 巨大な有効径230mmの対物レンズは、彩層面の微細構造を捕らえる高分解能と、拡大撮影に対応できる集光力を備えています。多目的な用途に応える優れた接眼部により、撮影から双眼観望まで、さまざまな目的で大口径ならではの成果を発揮するHα太陽望遠鏡の最高峰です。

電動式エアチューニングシステム

表示された数値を見ながらフィルターハウジングの気圧を調整することで、メインフィルターの透過波長を調整できます。メインフィルター自体を傾けることなく、より均一な太陽像を得ることができるのも、エアチューニングシステムの大きなメリットです。

リモートコントロールのため、撮影モニターまたはアイピースをみながら手元で波長合わせが行え、大型太陽望遠鏡の操作性にも配慮された設計です。


LS230THa/B3400

LS300THa /B3400

LS300THa /B3400/DSII

鏡筒

口径230mm、焦点距離1610mm

口径230mm、焦点距離1610mm、F7、全長1,530mm、外径295/235mm、重量30kg

メインフィルター

有効径80mmの無遮蔽エタロンフィルター、ダブルスタック仕様、中心波長656nm、半値幅0.5Å未満

無遮蔽エタロンフィルター、中心波長656nm

LS300THa /B3400 - 半値幅0.65Å未満

LS300THa /B3400/DSII - 半値幅0.45Å未満

チューニング

PCUSBエアチューニング式

PCUSBエアチューニング式

ブロッキングフィルター

有効径34mm、直視タイプ

有効径34mm、直視タイプ

接眼部

フェザータッチ3"フォーカサー、デュアルスピード、クレイフォード式

フェザータッチ3.5"フォーカサー、デュアルスピード、クレイフォード式

付属品

鏡筒バンド、12"長ロスマンディ互換ダブテール

12"長ロスマンディ互換ダブテール

価 格

LS230THa/B3400

税込直販特価要見積

LS300THa /B3400

LS300THa /B3400/DSII

税込直販特価要見積





おすすめシステムアップパーツ

Hα太陽望遠鏡はHα単色光で観測する望遠鏡ですので、システムを構成するパーツやコンポーネントの選択に、一般の天体望遠鏡と違った基準が必要なことがあります。

赤道儀

LS230THaは固定設置が前提の太陽望遠鏡です。既存のシステムへの導入のほか、新規のシステム構築には、拡張性に優れたロスマンディーTitan(クラス)がおすすめです。

・ロスマンディー Titan赤道儀

Hα太陽観察用アイピース

良いHα太陽観察用アイピースの条件 : 球面収差が補正されていること、像面が平坦で太陽像全面にピントが合うこと、レンズ面でゴーストやハレーションが発生しないこと、逆入射光が入りにくい見口構造であること、です。

・ラントソーラーシステムズ LSアイピース

・テレビュー PLシリーズ

・コロナド CEMAXアイピース/バロー

モーターフォーカス接眼部

リモート操作ができるモーターフォーカス接眼部が、撮影をはじめ観測全般に有利です。

⇒ ムーンライト CFL接眼部
 (観測機器に応じてお見積りします)

撮影に適したカメラ

Hα太陽撮影は、656nmの単色光なのでカラー素子には意外な難物。Hα太陽撮影に評価の高い、デジタルビデオカメラDMK41Aは、拡大撮影に限定した用途になります。全景撮りは35mmフルサイズチップを持った冷却CCDカメラ(高速シャッターに対応する機種)を検討する必要があります。