ラントソーラーシステム Hα太陽望遠鏡 LS152THa

ホーム

ラント社トップ



お問い合せ




LS152THa太陽望遠鏡の特徴

 標準的な架台に搭載できる最大の口径、より高い解像度を誇るLS152THa。有効径152mmの大きな対物レンズは、彩層面の微細構造を捕らえる高分解能と、拡大撮影に対応できる集光力を備えています。撮影から双眼観望まで、さまざまな目的で大口径ならではの成果を発揮するHα太陽望遠鏡です。

 メインフィルター (エタロン) は、後群のコリメート系に組み込まれた無遮蔽型。光路中に遮蔽物を介在させない妥協のないラント社z独自の設計に基づく心臓部。その中心透過波長はラント社独自の 「エアーチューニング」 により調整します。

 接眼部のHαモジュールをオプションモジュールに交換することで、Hα線はもとより、カルシウム線、白色光を捉える太陽望遠鏡として、さらに、オプションの天体用接眼部の装着により、夜空の天体を観測・撮影することができます。


「Hα太陽望遠鏡として」 - 本鏡筒オリジナルの構成です。心臓部のメインフィルターには “無遮蔽エタロン” を採用、接眼部にブロッキングフィルターを装着して、Hα像を眼視・撮影で楽しめます。メインフィルターはもちろん、ライト社ならではの無遮蔽型、光路中に遮蔽物を介在させない妥協無き設計。また、ラント社独自の “エアーチューニング” 方式により、メインフィルターの中心透過波長 (656.3nm) を高い精度で調整します。

さらに、オリジナルのHαモジュールの後部に、オプションダブルスタックモジュールを装着することで、太陽の彩層面をHα線でよりハイコントラストかつダイナミックに捉えます。

「CaK 太陽望遠鏡として」 - 鏡筒と接眼部間のHαモジュールを外し、オプションのハーシェルプリズムを併用する “LS152THa専用CaKモジュール” に付け替えるだけで、カルシューム線 (393.4nm) による太陽の観測・撮影が可能です。同モジュールは、接眼アダプター、デュアルスピード接眼部、ハーシェルプリズム、CaKフィルターで構成されます。

CaK モジュールの中心波長は393.4nm、半値幅 <2.4Å です。

「白色光太陽望遠鏡として」 - 鏡筒と接眼部間のHαモジュールを外し、オプションの “LS152THa専用白色光モジュール (ハーシェルプリズム付)” に付け替えるだけで、可視光全域 (白色光) で太陽を観測・撮影が可能です。

同モジュールは、接眼アダプター、デュアルスピード接眼部、ハーシェルプリズムで構成されます。

「天体遠鏡として」 - 鏡筒と接眼部間のHαモジュールを外し、オプションの “LS152THa専用天体用接眼部” に付け替えるだけで、口径152mm F7 の大口径屈折望遠鏡として、夜空の観測・撮影が可能。ドローチューブの先端は、3 点ネジ固定式の 2 インチスリーブです。

接眼アダプターとデュアルスピード接眼部で構成されます。


専用設計の対物レンズ

Hα線の結像に最適化された対物レンズ。ゴーストやハレーションが発生しない良質な増透過コートが施され、玉押し式レンズセルに組み込まれた、精密にアライメントされたダブレットです。

無遮蔽エタロン

Hα太陽望遠鏡の心臓部は、656nmのHα線を抽出して超狭帯域で透過するメインフィルターです。ラント社は、その心臓部に独自の、無遮蔽エタロンを採用。光路中に遮蔽物を介在させない妥協無き設計思想に由来します。

フィルターシステムの詳細については、「Hα耐用望遠鏡のしくみ」を参照ください。

エアチューニングシステム

フィルターハウジングの気圧を調整することにより、メインフィルターの透過波長を656nmに合わせるチューニングシステムです。太陽高光束に対してメインフィルター自体を傾けることなく、より均一な太陽像を得ることができるため、とりわけ、撮影にメリットがあります。

また、彩層面のフィラメントの根本と先端から発するそれぞれの波長はドップラーシフトにより微妙に変化しますが、エアーチューニングシステムはそうした変化に、より精密に対応することができます。

イメージング機材に対応

イメージング機材の装着は、「1 1/4"差し込み」のほか、「Tネジ(M42、P=0.75、オス)」に対応しています。

左の画像の赤い矢印がTネジです。

2か所Tネジが設けられているので、イメージング機材の要求光路長に応じて、取り付け位置を決めることができます。

合焦ハンドル

接眼部には、世界の一級品と呼ばれるフェザータッチフォーカサーを採用。ガタやアソビが原理的に発生しないクレイフォード式接眼部に加え、1/10減速メカニズムを擁した同軸合焦ハンドルが装備。大型Hα望遠鏡にふさわしい接眼部です。

太陽ファインダー“ソルサーチャー”(オプション)

オプションのアダプター (4,960円) を開始、太陽ファインダーソルサーチャーを鏡筒バンドに装着できます。ソルサーチャーがあれば、簡単で確実に太陽を導入できます。

対物側の円盤にピンホールを設け、架台を操作して接眼側円盤にある白いアクリル・スポットに太陽を投影すれば導入できます。視線を太陽方向に向ける必要がないため、導入時に目が眩むことはありません。


鏡筒バンド(上)

アルミ合金削り出しによる蝶番式のバンド。2本のハンドルで開閉できるので、鏡筒の脱着が容易。また、バンド中央に固定された取っ手は、重量のある鏡筒を安全に保持できます。

架台取付部(左)

各鏡筒バンド底部にはGP互換ダブテールプレートが装着され、ほとんどの赤道儀搭載に搭載できます。

付属のハードケース

大切な鏡筒をしっかりと保持し、安全に保管できます。もちろん、持ち運びにも便利な設計です。アイピースやアクセサリーも一緒に収納できるくり抜きが設けられています。


Hα太陽望遠鏡 LS152THa/B1800

鏡筒

口径152mm、焦点距離900、F6エタロンフィルター、半値幅0.65Å未満

全長:860mm、重量:約13.5kg

メインフィルター

鏡筒内蔵式無遮蔽エタロンフィルター、中心波長656nm、半値幅0.65Å未満

チューニング

エアチューニング式

ブロッキングフィルター

有効径18mm(ダイアゴナルタイプ)

接眼部

フェザータッチフォーカサー( デュアルスピード、クレイフォード式)

付属品

鏡筒バンド、GP互換ダブテール、ハードケース、LSズーム 7.2-21.5mm

価 格

Hα太陽望遠鏡 LS152THa/B1800  税込予価1,425,600円

⇒ 要見積

オプション

太陽ファインダー ソルサーチャー   税込特価6,480円

LS152THa専用CaKモジュール   税込特価290,520円

LS152THa専用白色光モジュール  税込特価124,200円

LS152THa専用天体用接眼部   税込特価54,000円


ダブルスタックモジュールで半値幅0.5Å未満の超ハイコントラスト!

接眼部と鏡筒の間にダブルスタックモジュール「DSII/LS152T」を取り付けるだけで、L152THa鏡筒内部のエタロンとダブルスタック効果をもたらし、半値幅0.5Å未満の超狭域Hαバンドによるハイコントラストで彩層面を観測できます。フロントにメインフィルターをダブルスタックする方式に比べコストをおさることができるだけでなく、エアーチューニングシステムにより最適なマッチングを可能にします。

眼視観測での迫力はもとより、ビデオ撮影など、画像処理を施さないイメージングでも圧倒的に立体感あふれる映像を記録。中口径φ152mmの高分解能と光量もあいまって、LS152THaを比類ない最高性能Hα太陽望遠鏡にアップグレードできます。

※ すでにLS100THaをお持ちの場合、マッチングをはかるため、お手持ちの鏡筒をいったん弊社に送っていただくことが必要です。

※ ダブルスタックモジュールのシステムでは2つのエタロンフィルターが接近するため、ある一定のゴーストが生じます。ゴーストはできるかぎり有効視野・写野の外にでるように配慮されています。太陽観測・撮影に必要のない広い視野・写野ではゴーストがとらえられますが、実用上問題ないとの前提でお使いください。


DSII/LS152Tダブルスタックモジュール、LS152THa用

税込特価507,600円